腱引き我孫子道場のブログ

腱が整えば人生が変わる!腱引き師(けんびきし)のブログ。筋肉・腱・皮膚・骨格・リンパの流れを整える。我孫子 取手 守谷 つくば 龍ヶ崎 牛久 土浦 松戸 柏 流山

【武術のからだ使いと身体調整】

f:id:abikodojo:20161009234300j:plain
元格闘家「平直行先生」のボディワーククラス。私が生業(なりわい)とする「腱引き」の身体調整技術の深化に不可欠な武術の身体操作を学んでいます。今日は「筋絡と螺旋」東洋医学で言う経絡と同じ概念で「筋絡/きんらく」と言う日本独自の考え方があります。簡単に言うと筋肉同士の繋がりが(線)ラインになっており、古(いにしえ)の武術家(治療家)はそのラインを巧みに操り敵を倒したり、怪我や病気の患者を治していました。
ちなみに、腕には6本の筋絡が通っています。

f:id:abikodojo:20161010000107j:plain
筋絡を捉えるには、螺旋(捻る)の動きが必要です。螺旋(捻る動き)を作ることで「身体の繋がり」が出来て筋肉骨格の連携が生まれます。腰痛や五十肩、膝痛など筋骨格系の疾患の方は「筋絡」の連携が滞り特定の部位がズレてしまうため、身体を正しく使うことが出来ません。上半身の施術(首、肩、背中)では腕に螺旋の動きをつくってあげることで、そのズレた筋肉や腱(骨格)を元の正しい場所に戻すことが出来ます。
f:id:abikodojo:20161010002135j:plain

落合が師事する平先生は解剖思想に基づいた武術の活殺術の奥義を会得された達人。日本の武術には、精妙な奥義の力学的原理・原則の秘技が隠されており、施術家の私にとって一生学ぶべき奥深い身体の世界です。
今日も沢山の学びがありました♪
ありがとうございます(*^^*)

平直行オフィシャルサイト
http://strapple-taira.com

腱引き我孫子道
http://abikodojo.com