腱引き療法とリンパストレッチ整体 我孫子整体道場のブログ

腱が整えば人生が変わる!腱引き師(けんびきし)のブログ。武術の手当て法「腱引きと導引術(日本式リンパストレッチ)」で、ぎっくり腰 慢性腰痛 肩こり解消!リンパの流れを整体する。我孫子 取手 守谷 つくば 龍ヶ崎 牛久 土浦 松戸 柏 流山

秋🍁のセルフケア/食べ過ぎた時に♪


f:id:abikodojo:20161021072751j:image

実りの秋🍁サンマや松茸、美味しいものが沢山あります。食欲の秋、こんなにお腹がすいていっぱい食べられちゃうのは理由があります。夏の間、汗で排泄していた水分が秋になってくると湿度や気温が下がり、汗がかけないため尿と言う形で排泄しなければならなくなり、水分を司る「腎臓」がフル回転、それに加えて秋口は朝方の冷えが強いのでカラダは冷えの影響を受けやすい。睡眠中の無防備な時は冷えに即対応出来ないため「動きの悪い重心側」だけが縮んでしまい、身体全体が捻れてしまいます。カラダは大まかに言うと「おへそ」あたりを中心に捻れます。何故かと言うと、その辺は肋骨や骨盤みたいに大きな骨が無いから捻れやすい、そしておへその裏の左右両脇にあるのが「腎臓」です。腎臓=泌尿器
f:id:abikodojo:20161021082246j:image

捻れることで泌尿器に負担がかかり、おしっこの排泄がスムーズに行かなくなる。尿にはその通り「尿酸」が含まれていますが、尿の出が悪くなって溜まった尿酸は行き場がなくなり「胃酸」に変化してしまう。結果、胃酸過多状態になり食欲が旺盛になる。昔から「天高く馬肥ゆる秋」と言いますが、実は冷えによる泌尿器の負担を緩和するために生じた「胃酸過多現象」なのですね。そこで!

「食べ過ぎ体操☆」です。

この体操、ほとんどの人がキチンと出来ません(×_×)

出来たとしても、腰が反り返ってしまいます。床から腰が握り拳1個半以上浮いたら「食べ過ぎ」です。つまり、食べ過ぎの影響が「腰」まで来ていると言うことです。

この体操は必ず「食前」に行って下さい。

これをやると「満腹中枢」がキチンと働くので、満腹感が早く来るんです(^^)

 

【食べ過ぎ体操やり方】

①正座して仰向けになる。

両膝は寄せて離れないように!

食べ過ぎが常習の人は腰が強張っているから、腰が反り返ってしまうのでクッションを腰に入れると良いです♪

②息を吐きながら両手を組んで頭の上の方へ伸ばし、膝も床に伸ばします。

③息を吐ききったら、「ポッ」と、体の力を抜きます。

・胃腸の働きが悪い時はいつでもOK!

・🍴食事の30分前に行うこと

 

ホームページです!

筋整流法我孫子道場(腱引き我孫子道場)

http://abikodojo.com

〒270-1175

千葉県我孫子市青山台1-12-5

(最寄り駅JR天王台駅北口徒歩15分)

電話番号080-9214-2495(要予約)

営業時間8:00〜24:00(最終受付22:00)

定休日 毎月第一日曜日、他指定日

 

からだのことでお困りの方、健康に興味ある方、日本の古武術から伝承された身体調整法を受けてみませんか?

 

全く初めて「腱引き」を受けるお客様には

体験施術コース2000円(約60分)がオススメです☆☆☆