腱引き我孫子道場のブログ

腱が整えば人生が変わる!腱引き師(けんびきし)のブログ。筋肉・腱・皮膚・骨格・リンパの流れを整える。我孫子 取手 守谷 つくば 龍ヶ崎 牛久 土浦 松戸 柏 流山

秋?のセルフケア/冷えの解消


f:id:abikodojo:20161025010604j:image

秋が深まり、朝晩はだいぶ気温が下がってきました。昨日この秋初めて冬物の毛布を出しました。冷えが体に入りやすくなっています。冷え(体質)を根本から変える「整体の手当て法」です♪

まず、自分の足の指を調べてみましょう。足の中指(三指)と薬指(四指)の間や甲がくっついて、指が開かない人はかなり体が冷えています。手の指を用いて三指と四指の間を剥がすようにして開きます。冷えている人は触ると痛みを感じるので、無理に力で開くのではなく、足の内側から足がフヮーッと広がって、足の甲から足裏までが繋がるような感覚で、気持ち良く何度か開いてみます。そのあと足湯をすると、体が温まりやすく、冷えやすい体質も変わってきます。

体がかなり冷えて、足指の間を開くことが出来ない人は「足湯」をしながら足の指を開いてみましょう。一緒に足指グー・パーするとなお宜しい☆

 

「足の三指と四指を開く」

①足の甲の三指(中指)と四指(薬指)の間を親指と人差し指中指ではさむ。

②指と指の間(骨間)から足首に向かって

開くように押さえていく。足の甲と足裏の骨間筋が分かれるように。

 

「足湯」

①両足が入る大きさのタライ(バケツ)に、いつも入浴している温度より熱く感じる(2〜3度高い)お湯を、足首が浸かる程度まで入れる。

②楽な姿勢でゆったりと椅子に腰掛け、両足をお湯の中に入れる。

10〜15分くらい、足首→膝→腰→背骨まで温まったと感じるまで行う。お湯がぬるくなったら「差し湯」をして下がらないように温度調節して下さいませ。

 

 筋整流法我孫子道場(腱引き我孫子道場)

http://abikodojo.com

 

〒270-1175

千葉県我孫子市青山台1-12-5

最寄り駅JR天王台駅北口徒歩15分

電話番号080-9214-2495(要予約)

営業時間8:00〜24:00(最終受付22:00)

定休日 毎月第一日曜日、他指定日

 

からだのことでお困りの方、快適なからだになるヒントが腱引き我孫子道場にあります。日本の古武術から伝承された身体調整法を受けてみませんか?

 

全く初めて「腱引き」を受けるお客様には

体験施術コース(60分)がオススメです☆

 詳しくはHPをご覧下さいませ(^^)