腱引き療法とリンパストレッチ整体 我孫子整体道場のブログ

腱が整えば人生が変わる!腱引き師(けんびきし)のブログ。武術の手当て法「腱引きと導引術(日本式リンパストレッチ)」で、ぎっくり腰 慢性腰痛 肩こり解消!リンパの流れを整体する。我孫子 取手 守谷 つくば 龍ヶ崎 牛久 土浦 松戸 柏 流山

風邪の自然治癒/民間療法でカゼを治す

朝方5時過ぎに目を覚ます。

強い喉の痛みと頭痛がする(><)

起き上がると立ちくらみで目の焦点が定まらない!なんだ?これは!

ひょっとすると?風邪を引いたのか!

早速体温計で計ると、おぉ!「38度6分」

まぁまぁ高い熱がある!やったー!熱で体の殺菌(デトックス)が出来るぞー!

年に1回位、こうした熱が出ます。

熱が出るとラッキー!😃💕と思う変人の落合です。

 

西洋医学(薬や医者の診断など)に一切関わらなくなって10年以上、熱や体の痛み(頭痛、腹痛、腰痛等々)は「体にとって必要だから起こる生理現象」と言う考え方を基本として、風邪は勿論のこと打撲や骨折など外傷も全て日本の伝統療法(古くから伝わる民間療法)で乗りきってきました。

今回もいつも通り、自分の体の自然治癒力を最大限に発揮させるべく以下の方法を実施。

 

1、絶食(ファスティング

2、温熱療法

3、天然のハーブ摂取

4、爪もみ(手技療法)

5、デトックスの飲み物を自作


f:id:abikodojo:20171122024439j:image

1、絶食(ファスティング

断食(ファスティング)は定番の手段。

風邪以外でも体調優れないときは、必ず食事を控えるようにしています。ただ、基本的に風邪など引いた時は大抵食欲がなくなるので「からだの声を」キチンと聞いて、それに従うのが自然の摂理だと思います。

 

自分の体の中に最高の医者が二人いる。

それは「発熱」と「食欲不振」だ。

ギリシャの医聖ヒポクラテスの言葉です。

 

断食は終えた後の「復食」が大切。

空っぽになった胃腸にいきなり沢山食べ物を入れてはいけません。

段階を追って少しずつ食べ物を増やしていき時間をかけて通常通りの食事に戻していきます。

断食三日目の今日の復食は「柿」


f:id:abikodojo:20171122024425j:image

2、温熱療法

以前は熱いお湯での足湯や脚湯(きゃくとう)をしてましたが、今は体がスッポリ入る遠赤外線温熱ドーム「スマーティ」で体を温めます。熱があるときは更に温めて体温を上げて汗をかくことで風邪の経過がスムーズになります。

温熱ドームに60分入ってから再度熱を計ると、なんと!「39度4分」まで熱が上がりました(^人^)「よしよし!これでたぶんすぐ熱がさがるぞー!」(落合心の声)


f:id:abikodojo:20171122024443j:image

3、天然のハーブ摂取

一番身近にある日本のハーブ「生姜」をすりおろし、紅茶に入れて飲みます(生姜紅茶

風邪と言えば生姜!

からだの芯からぽかぽか温まります♪
f:id:abikodojo:20171122024540j:image

4、爪もみ

爪の生え際は神経繊維が密集しており、ここを刺激すると自律神経のバランスを整えて、免疫力を正常に保ち十分に発揮させる効果があります。(白血球を増加させ、顆粒球とリンパ球の体内バランスを良好にします。

爪の生え際を人差し指と親指でつまみ、ギューッと押さえます(10秒)
f:id:abikodojo:20171122130645j:image

5、デトックスの飲み物作成

排泄力を高める簡単な方法。

これは効果絶大な方法なのですが、かなりマニアックなやり方なので、一般の方にはオススメしません。

やり方を知りたい方は直接落合まで(*´ω`*)

 

2日目の午後には予想通り、熱もすっかり下がり平熱の「36度5分」に戻りました。


f:id:abikodojo:20171122024653j:image

頭痛は無くなり喉の痛みも8割方軽減。

風邪は「引く」もの「かかる」ものではない。英語でも「キャッチ・ア・コールド」です。自ら引いている。

自分の体に必要だから「発熱」(殺菌)して「食欲不振」(内臓を休ませる)をすることでくたびれた体をリセットする。

そのために風邪を引いていると言う考え方。熱がちゃんと出るのは健康な証拠です。

健康な体に生まれて両親に感謝♪です。

ありがとうございます😆💕✨

 

腱引き療法とリンパストレッチ整体

我孫子整体道場

http://abikodojo.com