腱引き我孫子道場のブログ

腱が整えば人生が変わる!腱引き師(けんびきし)のブログ。筋肉・腱・皮膚・骨格・リンパの流れを整える。我孫子 取手 守谷 つくば 龍ヶ崎 牛久 土浦 松戸 柏 流山

【身体のつながり】

f:id:abikodojo:20161016071823j:plain
元格闘家平直行先生の行徳ゴールドジムのボディワーククラス。格闘技と武術の技を通して、身体の使い方を勉強しています。本日も「筋絡」の読み方についてトレーニング。柔術の技ヘッドロックを中心とした組技を用いて、相手を制御(操作)する練習をしました。
古(いにしえ)の武術には「骨絡、筋絡、皮絡」と言う3つの解剖学があって、西洋医学とは異なる「骨格と筋肉と皮膚」に関する解剖図が残っています。筋絡は筋肉が連携した(繋がった)時に生じるルート(道)で、これを的確に捉えると技を掛けたときに最短距離で相手を制することが出来ます。腕には6本の筋絡が通っており、腕の角度や曲げかたなどで微妙にルートが変化します。合気道の技もおそらくこの原理を使っていると思います。元々筋絡は、筋(スジ)を外して動けなくしたり、筋の絡みを直接掴み上げて激痛を与え、萎縮させて組伏せる柔術の殺法です。殺法はこの筋絡技法を巧みに操り相手を攻めて倒していきますが、この技術で怪我や病気を治す技が活法(かっぽう)。相手を壊す(殺法)か整える(活法)か、やっていることはほぼ同じ、武術の陰陽(裏表)の技術です。


f:id:abikodojo:20161016075913j:plain

筋絡を読む・捉える技、平先生は瞬時に相手の動きを制して、相手の身体を自在に操ることが出来ますが、私にはまだまだ修行が必要です(*_*)


f:id:abikodojo:20161016090235j:plain


相手の腕や脚を捉えて筋絡ルートをたどりながら身体のつながりを作っていくと肩や股関節、手首足首など関節の稼働域が大幅に改善されます。この原理を自分が生業(なりわい)としている腱引き・身体調整の施術に一部応用していますが、お客様の改善率がかなり良くなりました(^^)

奥深い「からだと武術の世界」に携わることが出来て本当に幸せです。
今日も沢山の学びがありました。
ありがとうございます(*^^*)

平直行オフィシャルサイト
http://www.strapple-taira.com

腱引き我孫子道場☆
http://abikodojo.com